「アファメーション」とは

アファメーションは、肯定宣言などと訳されます。

アファメーションにおける重要なポイントは、

「実際に見てるゴールの世界」を言葉で表すこと。

 

いくつかルールがありますが、とらわれ過ぎないようにポイントを絞ってみます。

 

【 簡単なルール 】

* 1人称であること : 自分のこととして表現する。

* 肯定形であること : 無意識は、否定的な言葉が分からないため。

* 現在進行形であらわすこと : 「将来~したい」だと現状を肯定してしまうので
「いま~している」など現在進行形にする。

* 他人と比較しないこと : 無意識は、他人の事と勘違いしてしまう。

* 他人に教えないこと : 他人に教えるとWant-toがHave-toになり、クリエイティブアボイダンス(創造的回避)が働いてしまう。ドリームキラー対策。

* 情動を表すこと : 「嬉しい・楽しい・心地よい・清々しい・気持ちいい・誇らしい」など臨場感を上げるために感情を表すことばを入れる。

 

「実際に見てるゲシュタルトの世界」=「ゴールの世界」は、
Words(言葉)×Picture(映像)×Emotion(情動)で表すことが出来ます。

このアファメーションは、まさに言葉を入り口とし、
W×P×Eによりゴール世界の臨場感を上げるものです。

 

 

そして、
I(想像)×V(臨場感)=R(現実)
想像(I、マジネイション)と臨場感(V、ヴィヴィドネス)によって、現実(R、リアリティ)は作られるのです。

 

よって、
アファメーションとは、言葉によって、映像と情動による臨場感を高め、現実化していく技術なのです。

 

COACHING用語集に戻る